医療保険の訪問看護を受ける祖父

私の祖父は、もう末期の悪性腫瘍を抱えながら、今も懸命に生きている。
昔の祖父の印象はとにかく怖い人で、正直言ってあまり話したくない人のひとりだった。
もともとべらんめえ口調で喋る人だったので、私の父と喧嘩をしたりする時も口汚い言葉を多用したりして、よく母が私の耳をふさいでいたものである。
そんな祖父でも、病気にかかってからはピタリとそのようなことはなくなり、人が変わったかのように穏やかに話すようになった。
実は内心、私のことが心配で様子をちょくちょく見に来ていた、なんてことも話してくれた。
だが、祖父も今は医療保険で訪問看護を受けるほどに弱ってしまっている。
もっと早くこうして話す機会があったら、もしも私が祖父のことを恐れたりなんてしていなければ…など、考え出すとキリがない。
医師の話によれば、もういつその時が来てもおかしくはないという。
その話を聞いて、私はできるだけ祖父の近くにいるように決めた。
たとえ言葉が話せなくなったり、私のことが分からなくなっても、きっとそばに誰かがいた方がいいと思った。
それが私のできる祖父への恩返しだと信じている。