持っている不動産(家)に住みながらお金を借りる

最近は不動産活用のローンがたくさんあると思います。
一番多いのは不動産担保ローンですが、これはもしローンが支払えなくなると不動産は担保なのでもちろん持っていかれてしまいます。
そのほかハウスリースバックなどの方法があり、ハウスリースバックは住んでいる家を売却してその家はリースとして借りるようになります。
家の名義は自分ではなくなりますが、見た目は生活も環境も何ら変わりはありませんので、どうしても資金が必要になった場合には有効な方法なのかもしれません。
ただ、ハウスリースバックの場合はオーバーローンの物件は対応できないと思いますので、利用する際はローンの残債などもきちんと調べて準備しておく必要があるでしょう。
ハウスリースバックの業者も最近はとてもたくさんありますが、不動産という大きな金額が動くことになるのであまり変な(?)業者を使うのは得策ではなさそうです。
大手だとハウスドゥなどが有名で、たまに野球場に広告を出していたりするのを見たことがあります。
最近は不動産の市場も良くなっていると聞きますので、もし活用できそうな物件を持っている方は有効活用を考えてみてもいいですね。